公式サイトで販売再開、Amazon・楽天では現在取り扱いなし

現在ナステントはAmazon・楽天をはじめネット販売休止中です(2017年6月現在)が、
セブンドリーマーズナステント公式サイトでのナステント販売が、2017年6月12日再開されました。
ナステントの販売再開についてはこちらでも書いています。

 

Amazonでのセブンドリーマーズによるナステント販売ページは、
2017年6月現在なくなっています。

 

楽天では販売終了

ナステントの楽天市場での販売は2017年4月25日で終了しています。
以下「セブンドリーマーズ 楽天市場支店」トップページに記載されている
メッセージです。

 

セブンドリーマーズ 楽天市場支店 にアクセスいただきありがとうございます。
セブンドリーマーズ 楽天市場支店 は、2017 年 04 月 25 日をもちまして、サービスを終了させていただきました。
長い間、ご愛顧いただきありがとうございました。今後とも、楽天市場をどうぞよろしくお願いします。
なお、セブンドリーマーズ 楽天市場支店 へのご連絡は以下のところまでお願いします。

 

阪根信一 (info_nastent@sevendreamers.com、電話番号:0364537018)


http://www.rakuten.co.jp/sevendreamers/kaiso.html より引用

 

スポンサードリンク

 

ナステント販売元であるセブンドリーマーズへ問い合わせしたところ、
現時点では、ナステントそのものの販売の再開時期のメドがまだたっていないため、
インターネット及びドラッグストアでの販売はすべて休止している状況です。
Amazon等での販売が再開される情報が入りましたら、すみやかにここでも掲載していきたいと思います。

 

ナステントはAmazonでも楽天でも、税込¥4,536/箱(7日分)(送料別)

Amazonでのナステントの価格

ナステントですが、私が調べた時(2017年1月現在)には、
Amazonでも楽天でも、税込¥4,536/箱(7日分)(送料別)と、
一度も使ったことがない人にとっては、
正直かなりお高く感じるものなんじゃないかと思います。

(※Amazonでは、2点以上購入で配送料無料だそうです、
Amazonプライム対象外なんですよね)
ナステントはセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社の製品で、Amazonでのナステントの販売は、このセブン・ドリーマーズほかマーケットプレイス店舗が販売しています。
楽天ではセブン・ドリーマーズ楽天市場店や
ビックカメラ楽天市場店などが販売取り扱いしています。

楽天でのナステントの価格

 

鼻の奥にチューブを差し込むようなナステントなので、
もしも痛かったりして、使えなかったら、
値段的なこともあわせて考えると、
もったいない事になってしまうなって思って、
いつもネットショッピングするAmazonや楽天なので
気軽にいますぐ買ってみるのは可能ではあるけれど、
実際に購入するのをちょっと躊躇していたんです。

 

(※ナステントのお試しの存在を知らなければ、遅かれ早かれAmazonや楽天で何気なく買っていたかもしれません)

ナステントをAmazon・楽天で買う前に6本半額お試しセット

ナステント半額お試しセット

現在ナステントにはそれぞれサイズの違う
6本のナステントクラシックが入っているお試しセット

があります。

 

120mm〜145mmまで、
5mm単位で長さが違う6本がセットになっていて、
通常税抜3,600円のものが、半額の税抜1,800円で、
ナステント本製品購入に使える1,000円分のクーポン付き
です。

 

一番長さが短い120mmから使っていって、
自分に適したサイズまで試してみるようになっています。

 

我が家の初めてのナステント

ナステント無料モニター募集

我が家の場合、ナステントは、Amazon・楽天で買う以前に、
無料モニター募集の際に初めて使ってみました。
毎晩悩まされる、夫のいびきと無呼吸症状の改善の為です。

 

ナステントは鼻の奥にチューブを差し込むタイプのいびき対策で、
患者さんが意識がない時や麻酔時などに、気道確保のために
「チューブを挿入して気道を確保する」という方法は、
すでに多くの実績がある医療現場や治療で行われている方法ですよね。

 

これを、睡眠時のイビキや軽度の無呼吸症候群の抑制に
応用したのが、ナステントというわけですね。

 

鼻の奥にチューブを差し込むタイプのいびき対策である
一般医療機器グッズ「ナステント」は、

 

  • ・120〜145mmの6つの長さがあり
  • ・鼻が比較的通りのよい方に挿入して使えるように右鼻用と左鼻用がある
  • ・ソフトタイプとと症状の強い方用のハードがある

といったバリエーションをもっています。また一個ずつ滅菌パック包装されていて、使い捨てで清潔です。

ナステント(ナステントクラシック)を使ってみた感想

このナステントですが、(正しくはナステントクラシックという名前だそうです)
柔らかいシリコンで出来た柔らかい管を鼻から差し込むので、
ぱっと見た目には怖いのですが、やってみると意外とすんなり入るようで、
嫌がっていた夫も、「あれ?痛くない」って驚いてました。
(※防腐剤一切使用、80%以上が水分のハイドロジェルが潤滑剤として塗布してあり、健康にも害なくスムーズです。)
ナステントのシリコンの管が気道を確保してくれるので、
夫の場合は、つけたその日からいびきがピタッとなくなりました。翌朝もすっきりと起きれたようです。
夫本人の体感として、「これがぐっすり眠れるっていう感じなんだな」といっていましたので、
久しぶりに熟睡することが出来たようです。

 

スポンサードリンク

 

痛くないとはいえ、最初の2日間くらいはやはり違和感があったらしいのですが、
使い続けると違和感もなくなり、それよりも、朝のスッキリ感と、
日中の眠気やだるさなどの倦怠感が無くなった事にとても喜んでいます。
そんな中でネットで色々と調べていると、
当時ナステントの公式サイトで無料体験モニターの募集をしていたので、
これなら!って思って申し込みました。
現在はこのモニター募集は終了していますが、
あのタイミングでナステントの体験モニターで使ってみて、正解でした。
何よりお試しで試せましたし、効果が分からないものにお金をかける日々から、
効果が実感できるものを使う日々に変わったことがとても大きかったですね。

 

それにナステントは、自分にピッタリの物を選んで使うことで、はじめてイビキや無呼吸症状抑制の効果が得られるので、
トライアルでのサイズ測定は必須だと思いますし、うちの場合もamazonや楽天でナステントを購入する前に、
トライアルでのフィッティングをやっておいて良かったな、と思っています。

 

夫のいびきと睡眠時無呼吸症候群がおさまって、夫の熟睡、睡眠も質向上しましたが、
何より、私が毎晩夫のいびきに悩まされる事がなくなった事が一番嬉しいです。

これなら続けられそうだって事で、今でも夫はナステントを愛用しています。

自分にピッタリのナステントを使うために、まずサイズ測定。

セルフフィッティングマニュアル1

はじめて、家でナステントを使ったときは、
ナステントをAmazon・楽天で買う前は無料モニターからでした。

 

当時、注文したあとメールが届きました。
はじめに自分の使うナステントの最適サイズを測るためのキットが
郵送されてくるなど、無料モニターの流れについての内容と、
自分のサイズのナステントを申し込む.無料モニター事務局
の電話連絡先や申込みフォームが記載されていたものでした。

 

無料モニターの流れは、以下のように

 

1.セルフフィッティングキットが到着
  ↓
2.自宅で「ナステントフィット」でフィッティング
  ↓
3メールに記載の「無料モニター事務局」にサイズの連絡
  ↓
4.ナステントクラシックを体験

 

という段取りになっていました。

セルフフィッティングマニュアル2

数日後に、ナステント販売元である
セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社から、
自分に合ったナステントを使うために、
サイズ測定するキット「ナステントフィット」とそのやり方が記載してある
「セルフフィッティングマニュアル」がとどきました。
ナステントフィット1
鼻の穴の中に挿入して、ノドまでの長さを測るための
(※鼻孔(鼻の穴)から口蓋垂(のどちんこ)までの長さ)
「ナステントフィット」というキットが入っており、
これを使って、自分にピッタリのサイズを導き出すわけですが、
やる前は、難しそうで、何かちょっと怖いかなと思ってたんですが、夫の場合マニュアルでやり方を確認してから、
鏡見ながらやって、2回ほど大きなくしゃみが出ましたが、ものの30秒くらいで測り終えました。

ナステントフィット2

「ナステントフィット」はとても柔らかい素材で鼻に入れてもまったく痛くはなく、
挿入はスムーズなんですが、ただし、このフィッティングはかなり明るい場所でやることをおすすめします。
口をあけて「ナステントフィット」の先端(穴が開いている)が、
定位置まではいっているかを確認するとき、懐中電灯とかペンライト、スマホのライトは必要です。

ナステントフィット3

また、「ナステントフィット」の目盛りが見ずらいと感じました。
ナステントフィット4
自分のサイズの数字の場所を指先でつまんで
場所を固定し、その手でいったんナステントフィットを
取り出してから明るい場所で数字をじっくり見れば確認できるんですが、
もう少し目盛りがはっきりと見やすいといいのにと思いました。

 

ともあれやり方自体はナステントセルフフィッティングのyoutube動画もあるので、
やり方も覚えやすいですし、見てるより簡単です。

 

ナステントは長めを選んだほうがいいのか、それとも短めがいいのかなど、
少し迷ってしまうかもしれませんが、短すぎると充分に気道を確保できないので、
いびきや無呼吸の症状を抑える効果も弱くなりがちだそうです。
かといってナステントが長すぎると、喉の違和感につながってしまい、
睡眠の妨げになりかねないことも考えられます。

 

このフィッティングで選んだサイズは絶対的なものではないと考えておいて、
少しずついろいろなサイズを試すことで、最適な装着感を得られるサイズのナステントを
選択していくのがいいと思います。

 

測り終えたら、そのサイズの目盛りを確認しておいて、
メールに記載の「.無料モニター事務局」にサイズの連絡すればOKです。
夫の場合だと、 左右: 【右】 硬さ: 【ソフト】 サイズ: 【120mm】 で連絡しました。
数日後、連絡したサイズのナステントクラシック(製品版)が2本無料で届きました。

ナステントクラシック無料トライアルが届いたのでお試しした

ナステントクラシックの無料トライアル1

申込をしてからおおよそ10日ほどたって
メール便で、ナステントクラシックの無料トライアルが届きました。
もうチョイ早く届いたらいいのに。

ナステントクラシックの無料トライアル2

ソフト120mm右用が二本です。
トライアルの説明書にも装着の仕方は記載してありますが、
サイズ測るときとおんなじなので、特に難しくはありませんけど、
夫によると、鼻の中に入れていくときは、やはりくしゃみ数回は免れないみたいですね( ´艸`)ムププ

ナステントクラシックの無料トライアル3開封

ナステントを片方の鼻の穴に入れることができたら、ナステントの先端にある「ノーズクリッパー」
(※先に玉の付いたピロンとしたやつ)をもう一方の鼻の穴に引っ掛けるようにしてとめます。

 

さすがにお試しの段階では、鼻の中に異物を入れて眠るという違和感はありましたが、
それでも、就寝時に口呼吸気味だった夫が、仰向けに眠っても横向きに眠っても、
鼻の気道が確保されるから、鼻での呼吸が楽になる、と言っていました。

 

とくに仰向けに眠っているときのイビキは、ナステントを装着するとすごく改善されましたし、
なによりも、横で眠っている私にとって、久しぶりに夫のイビキがしない夜を過ごせました。\(*T▽T*)/

 

夫のはソフトタイプで、理論的にはハードタイプになるほど、気道の確保がしっかり出来るそうですが、
異物感を最小限にしないと、気になって眠れなかったら本末転倒ですので、
もしamazonや楽天でナステントの購入を検討されているのであれば、
ナステントのトライアルセットで、自分に合った固さを選ぶのが一番だと思います。

 

ナステントは、鼻孔内に挿入して使うものですから、合う、合わないは必ずあると思います。
でも、とにかく実際にナステントが装着して試せるので、気に入らなければ使わなくていいだけですから、
就寝中のイビキとか無呼吸で悩んでいる人は、気軽に試してみて、損はないんじゃないかなと思います。

ナステントの効果体験談

夫のいびきが気になり始めたのは、ちょうど一年前くらいからでした。

 

いびきだけなら我慢も出来たのですが、
いびきの途中で呼吸が止まっているように感じて、
心配でおちおち寝ていられない状態が続いたのです。

 

いわゆる睡眠時無呼吸症候群のような症状だったので、
夫には再三病院の受診を勧めたのですが、元々病院嫌いな事と、
本人は寝ているので、いびきも無呼吸状態も全く知らない状態なので、
全く受診する様子がなかったのです。

 

ただ、睡眠時のいびきや無呼吸状態は
血中酸素濃度の低下など体にも影響があり、
確実に毎晩の睡眠の妨げになっているようで、
夫自身も日中の眠気やあくび・だるさなどの倦怠感は自覚していたようです。
仕事で車を運転したりもするので、集中力の低下で事故等を起こさないか、とても心配していました。

 

また、充分な睡眠が取れていないと、疲労の回復も遅くなり、
結果的に自律神経に影響を及ぼしたりするとも聞いたことがあったので、
とにかく、夫のいびきと睡眠時無呼吸症候群が気になって気になって仕方がありませんでした。

 

夫がいびきをかきはじめたのは、肥満が気になり始めた頃からでした。
若いころはスラっと細身だった夫ですが、
いびきをかくようになった頃から少しずつ太りだしてきていて、
メタボ検診にひっかかるようになってきたのです。

 

いびきや睡眠時無呼吸症候群は肥満や加齢ととても関係があるんだそうです。
慢性的いびきの場合には、閉塞性睡眠時無呼吸症候群を
引き起こしている可能性が高いらしいのです。

 

この閉塞性睡眠時無呼吸症候群は加齢や肥満が原因で
喉の奥の上気道って言う所が、狭くなってしまい、寝ている間に、
この上気道が詰まってしまっている状態なんだそうです。

 

ただでさえメタボ検診にひっかかって、生活習慣病や高血圧、
糖尿病、肥満による心疾患など、気になる事が沢山あるのに、
さらに毎日のいびきと睡眠時無呼吸症候群にも悩まされて、
私の方がどうかなりそうな日々が続いていました。

いびき対策のグッズをいろいろ試した

病院の受診をしてくれないので、とにかくいびきをなんとかしたくて、
いびき対策のグッズをいろいろ試すために探すことにしたんです。
鼻腔拡張テープは鼻に貼るだけなので、お値段も安いに簡単なのですが、
夫の場合には全く効果は得られなかったのでやめました。

 

鼻腔スプレーは最初はいい感じかな?って思ったんですが、
やはりさほどの効果はありませんでした。
いびき対策用のマウスピースやCPAP(シーパップ)は、かなり効果があるようなのですが、
うちにとってとても購入できるような値段のものではありませんでしたし、
リースするにしても月5,000円というお金がかかってくることになります。
それにいかにも病人みたいで大げさだから絶対に嫌だと、夫に言われてしまったので
結局試すことが出来ませんでした。

 

スポンサードリンク

 

そんな中で、最初は夫も嫌がっていたのですが、使ってみて一番効果があったのが、
ナステントっていう、鼻の奥にチューブを差し込むタイプのいびき対策の一般医療機器グッズだったというわけです。

 

上でも書きましたが、夫も使い始めの数日間は、
慣れない事もあって、ナステントの装着に違和感があったらしいのですが、
しっくりくるサイズを選んで使い続けているうちに、はじめの違和感もなくなり、
夫の言う、翌朝「わりとよく眠れたという実感」と、
「日中の眠気やだるさなどの倦怠感が無くなった」という事に、本人もとても喜んでいますし、

 

私自身、毎日夜中に夫のイビキで悩まされる日々から解放されたことが何よりうれしいです\(*T▽T*)/。