最適な長さを測らなければナステントは使えない

ナステントサイズ表

※この記事は2017年1月以前のもので、
現在の最新の情報とは違っていることがあります。

 

ナステントの長さは、効果的に使う上でとても重要です。

 

鼻の穴の中にチューブを挿入して、気道を確保するスタイルの
ナステントは、そのサイズに120mm〜145mmの
5mm間隔で長さのバリエーションがあります。

 

使う人によって鼻孔奥の長さに個人差があるわけですから、
当然ナステントもその人の鼻の奥の長さにあわせて
使えるようになっているわけですね。

 

そのためナステントは、本製品を購入する前に、
実際にフィッティングできるトライアルセットを使って、
鼻の奥の長さを測定することで、
自分にピッタリの長さのナステントを選ぶことが出来るようになっています。

 

スポンサードリンク

ナステント利用にフィッティングは必須です。

ナステント:セルフフィッティングマニュアル

 

うちの場合、夫のイビキと無呼吸を何とかしたいと思っていたとき、
当時やっていたナステントの無料モニターを見つけて、すぐ申し込みしました。
ナステント無料モニター募集(現在休止中)

 

しばらくすると、ナステントの販売元である
セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社というところから、
鼻孔の奥の長さをサイズ測定するキット「ナステントフィット」と
その使い方が記載されている「セルフフィッティングマニュアル」が
メール便でとどきました。

 

ナステントフィット

 

ナステントと同様に、ナステントフィットを鼻に挿入して、
きちんと挿入した状態での長さを、ナステントフィットに
刻印された目盛りで確認するようになっています。

 

ナステントフィット自体も、柔らかいシリコンゴム製で、
健康に無害な潤滑ジェルが塗布されているので、
鼻への挿入はスムーズ(※夫談)で、時間もかからないです。

 

 

 

きちんと自分の鼻の奥の長さにあったナステントを使っていると、
使い始めの違和感にも数日で慣れて、私の夫によると「睡眠の質が良くなるのが分かる」みたいです。

ナステントの長さ

 

ナステントそのものの素材は、
人肌に近い硬度5〜20のシリコンゴムでできているので、
鼻の穴に挿入するときは、見た目より
意外に簡単(※夫談)ではあるものの、
ナステントのチューブの長さが合っていない場合、たとえば
短すぎると、きちんと気道を確保できないだけでなく、
長すぎたら、つけた時の喉の奥の異物感・不快感がはっきりとある
と思います。

 

具体的にいうと、

 

短すぎる場合、ナステントによるイビキを抑える効果や
呼吸を確保する効果が全く得られない。
長すぎる場合、ナステントがのどちんこに触れるなどして、
唾液を飲み込むだけでも違和感と気持ち悪さを感じるので、
長さが合っていないナステントを使うことは、睡眠を妨げる原因にもなりかねないんです。

 

睡眠時のイビキや無呼吸症状を改善する為に使うはずが、
自分に最適なナステントの長さを知らないで使って、
それが睡眠の妨げになってしまうのでは、本末転倒ですね。

 

ナステントの効果を最大限活かして使うには、まずフィッティングできるトライアルを使って、
自分の鼻の奥の長さを測り、最適なナステントのサイズを使うこと。これが必須だと思います。

 

スポンサードリンク